2009年06月17日

6月の映画

 5月に観た映画は
『バーン・アフター・リーディング』 55点
『レッドクリフ』 70点
『交響詩篇エウレカセブン』 85点
『チェイサー』 75点

の4本。
『交響詩篇エウレカセブン』には仰天しましたね。しかし、基本線はTV版と同じでぶれていない。いい作品です。
『チェイサー』は、後味の悪い作品。しかし、観る者を引き付ける「何か」を持っています。感情移入がしにくいので好き嫌いが別れるでしょうね。

 さて、6月の映画ですが、新作は微妙。

☆『スラムドック$ミリオネア
 疾走感溢れる演出と、それに非常にマッチした素晴らしい音楽。
改めて映画は総合芸術であり、総合娯楽である事を再認識させる作品です。
また、ボーイミーツガールを真正面から見せているのも好印象。(『エウレカセブン』にも、同じ事が言えます)
昨今の邦画の定番である、「泣き」の演出なんか、あほらしくて観てられまへんわ。


〇『ハゲタカ
 NHKの人気ドラマの映画化。
ドラマ版は好評だった作品なので、期待はあるのですが、ドラマ版の時とは経済情勢が180度違うからなぁ。
 時機を逸した様な気が。

▲『レスラー
 一度は引退したロートルレスラーの復活劇。

 もしくは、長らく低迷していたミッキー・ロークの復活劇。


▲『ターミネーター4
 まぁ、長い付き合いですから。
しかし、第1作はB級映画だったんたよなぁ。


△『ザ・スピリット
 グラフィックノベルの人気作家、フランク・ミラーが自ら脚本、監督を務めた作品。
 スタイリッシュな映像は確定ですが、フランク・ミラーの監督としての力が未知数なので、ちょっと二の足を踏んでいます。
 とか言ってたら、もう終わり‥‥

△『グラン・トリノ
 先月からの積み残し。
評判はすこぶる良いのですが、もう終わりそうなので、間に合うかどうか‥‥


△『ブッシュ
 「史上最悪の大統領」、ジョージ・ブッシュの物語。
予告編を見る限り、ブッシュをこき下ろす作品かと思いきや、「観た後はブッシュに同情的になる」という話も。
流石、オリバー・ストーン?


△『宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−
 押井守原作、脚本の時代劇アニメ。
公開間近になっても、キャストがさっぱり判らない、謎のアニメ。
でも押井守の事だから、語っちゃうんだろうなぁ、きっと


 う〜ん、今月は微妙な作品が多いなぁ。


閑話休題、見なくていい作品の与太話
ラベル:映画 予定
posted by TARGET at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

あすたりすく5月例会

 5月3日は、ゲームサークル『あすたりすく』の例会でした。
 GWの真っ只中の為か、参加者は少なめでした。

 例会でプレイしたゲームは‥‥

『パンデミック』

 ‥‥いや、この時は、まだだったんだよ。


BLOGGAME2009_0503(009).JPG

 新型ウィルスの感染爆発を、みんなで防ぐゲームです。
最初のうちは対処療法で感染の拡がりを出来るだけ抑え、その間に特効薬を開発して根絶させる、というのが勝利への流れでしょうか。
 しかしながら、今回は我らの努力空しく、アウトブレイクを起こしてしまい、人類滅亡。

 だいたい、一番最初にウィルスが発生したのが、研究所のあるアトランタ。

 バイオハザード?

じゃ、無理だわな。


『アラビアンナイト(Tales of the Arabian Nights)』
 うちのサークルでは、よくプレイされます。
 ちなみに、今回はイフリートと結婚した私のキャラが勝利。


『POWERBOATS』

BLOGGAME2009_0503(010).JPG

 その名の通り、ボートレースのゲームです。
サイコロを何個か振って速度を決めるのですが、一度に方向を変える回数が限られているので、速度を出せばいいって訳でもありません。
 で、振るサイコロの数を増減させて速度調整させるのですが、ここでも増減させる数が限られているので、調子にのって速度を上げてると減速出来ずに大回り、なんてことになります。

 慣れるとこんなデッドヒートも。
BLOGGAME2009_0503(011).JPG


『MOODS』
 声優養成ゲーム。今回はうまくいかなかったな‥‥


『POLARITY』

 磁石を使った風変わりな陣取りゲームです。
ブレイヤーは磁石を置いていくのですが、

BLOGGAME2009_0503(012).JPG

 浮かせて置くのがルール。

BLOGGAME2009_0503(013).JPG

 横から見るとこんな感じ。
やってるうちに失敗する訳ですが、それはそのまま置かれるので、終盤になると磁力線のせめぎあいで、とんでもなく難しくなります。

BLOGGAME2009_0503(014).JPG
 終盤の盤面。難しそうでしょ?


『ポンペイ』
 ベスビオ火山の噴火で一瞬のうちに埋まってしまった都市、ポンペイを題材にしたゲームです。

BLOGGAME2009_0503(015).JPG
 まずは入植フェイズ。ポンペイの各地に自分の住民を配置します。
ちなみに左上にあるのがベスビオ火山。たまに、いけにえと称して住民が放り込まれます(恐)

BLOGGAME2009_0503(016).JPG
 続いて噴火フェイズ。溶岩タイルを置いていきます。そこにいた住民は、もちろんお陀仏。自分の住民がそうならない様に、出口にむかって移動させます。
こうやって、より多くの住民を避難させたブレイヤーの勝利です。
 ‥‥しかし、『パンデミック』といい、こういうネタ好きだねぇ、ゲーマーていうのは。


『ひつじ牧場』

BLOGGAME2009_0503(017).JPG
 ひつじのタイルを置いていって、自分の色のひつじを、より多く囲いの中に入れるゲームです。
タイルの置き方は『カルカソンヌ』に近いかな。
最初のうちは、自分の色は秘密なので、いかに他人に知られない様にタイルを配置するかが鍵ですね。あと、牧場をあまり拡げ過ぎると、最終的に囲えなくなるので、注意が必要です。

次回の例会は6月14日です。興味のある方はいかがですか?
(準備の都合もあるので、やりたいゲームがある時は事前に「あすたりすく」ホームページの掲示板に書き込む事をお勧めします)
posted by TARGET at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。