2009年10月20日

10,11月の映画

9月に観た映画は、4本。
『グッド・バッド・ウィアード』 70点
 以前にも書きましたが、
 
 主演3人の魅力と勢いだけで押し切った作品。

 細かいところは気にしないで観るのが吉。

『縞模様のパジャマの少年』 65点
 確かに演出は上手いですよ。
 でも、ドイツ側の少年が設定の年齢よりも、
 ずっと幼く描かれている事に違和感を覚えました。
 「無知である事の罪」「ナチスドイツの罪」等、結構重いテーマの筈なのですが、
 ある種のファンタジー的な演出によってテーマが矮小化されていると思います。
 あと、二人の少年の間に対等な友情が成立していたかも疑問
 個人的には「姑息な作品」で好きになれません。

『ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜』 60点
 キャラクター造形に、ぎこちなさがあり、フル3DCG作品としては、
 まだ課題山積ですね。
 内容の方はというと、主人公の遥が傍観者になっていて、
 「テオの成長物語」といった感が強いですね。
 そういう意味では作品の趣旨と矛盾しています。
 あとテオ役の沢城みゆきが熱演。やっぱり上手いなぁ。
 ある意味、彼女で持っている作品です。
 (その事で「テオの物語」になっているのは皮肉ですが)

『孫文 〜100年先を見た男〜』 45点
 『革命家』孫文の隠された一面だとは思いますが、
 「資金集めに奔走する孫文」というのは、やっぱり地味ですね。
 その地味な題材を淡々と描かれると・・・、ねぇ。



さて、10月の映画と言っても、もう15日を過ぎているので11月と併せてという事で。

☆『クヒオ大佐』
posted by TARGET at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

9月のあすたりすく例会

 遅れましたが、9月のあすたりすく例会で行ったゲームの紹介を。

『マネリサ』

GAME2009_0809(006).JPG

 以前の例会でもやった、名画をオークションで競り落とし、展覧会を開いて自慢するゲームです。


『ダイヤモンド』

ダイヤモンド.jpg

 プレイヤーはダイヤモンドを掘る鉱夫という役回り。
 鉱道(カード)をめくって掘り進みます。鉱道カードにはそこで産出するダイヤの数が書いてあります。
ここで、各プレイヤーはそこまでのダイヤを山分けにして引き返すか、更に掘り進むかを選択します。
というのも、鉱道カードには落盤、ガス、毒蛇などのアクシデントカードがあって、同じ種類のカードが2枚出た時点で、その鉱道での採掘は終了してしまう(当然、その時点で残っていたプレイヤーは取り分なし)からです。
 これらを5本の鉱道で行い、ダイヤを多く得たプレイヤーの勝利。途中で引き返して確実にダイヤをゲットするか、ギリギリまで粘って独り占めを狙うか、なかなか思案するゲームです。


『Tales of the Arabian Nights』

arabiannights.jpg

 このゲームも結構やりますね。
プレイヤーはアラビアンナイトの登場人物に扮して、世界各地を巡って、不思議な物語を体験するゲームです。



続きを読む
posted by TARGET at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。