2009年02月22日

あすたりすく2月例会

 2月1日は、ゲームサークル『あすたりすく』の例会でした。
 今年最初の例会でしたが、特別な事もなく、いつも通りの例会でした。

 例会でプレイしたゲームは‥‥


『マエストロ』

MAESTORO1.JPG

 様々な楽器の奏者を組み合わせて楽団を作るゲームです。
プレイヤーはスカウトした楽団員(引いてきた楽団員タイル)を様々な編成の楽団に送り込みます。
より多くの楽団員を送り込めば勝ち。ただし、ゲーム終了時に手持ちに残った(仕事にあぶれた)楽団員はマイナス点になるので要注意です。
 ところで、楽団員タイルを引く時に『観客の拍手』というタイルを引く事があります(引いた時は皆で拍手をするのがお約束)。このタイルの数がゲームの進行具合を表すのですが、今回はこんな事に。

MAESUTORO2.JPG

‥‥開演前に拍手の嵐。

 このゲーム、長らく絶版になっていたのですが、ドイツで放映されているモーツァルトのアニメとのタイアップで復刻したとか。タイアップにもいろいろありますなぁ。


『呪いのミイラ』

 古代エジプト王の墓で宝捜し。しかし、そこにはミイラが待ち構えていました。果たして無事にお宝を持ち帰る事が出来るのでしょうか?
 システムの雰囲気は昔発売されていた『レーダー作戦ゲーム』といったところ。墓泥棒側とミイラ側に別れて対戦するゲームです。

Fluce Des Mummy2.JPG

 墓泥棒側がミイラの位置がわかるのに対し、ミイラ側は墓泥棒がお宝をゲットした時しか位置がわかりません。後の頼りは墓泥棒の移動した距離だけ。

Fluce Des Mummy1.JPG

 対する墓泥棒側。進む距離はダイスで決めるのですが‥‥。

Fluce Des Mummy3.JPG

 この時にミイラの目を出すと、ダイスの数が減る上にミイラの移動力がアップ。おかげでミイラのくせに速い速い。
私はほとんど何も出来ずにミイラの餌食に‥‥。トホホのホ。


『ファラオの墓』

FARAONOHAKA.JPG

 ちょっと変わったメモリーゲーム。指定された品物を捜すのですが、それらはピラミッドの下に隠されています。
それらを見つける為にピラミッドをずらしていくという単純ですが、やり始めると燃えるゲームです。


『MOTO GP』

MOTO GP1.JPG

 バイクレースの最高峰、「MOTO GP」がテーマのレースゲームです。
基本はダイスの振り合いなのですが、振った後でダイスの目を自分の有利な目にする事が(出目の裏の目だけとはいえ)出来ます。
ただし、カーブではダイスの操作に制限が掛かるのでカーブで止まらない事がポイントです。

MOTO GP2.JPG

 あと、このゲームのもうひとつの醍醐味がブレーキング勝負。普段はダイスを振る順は先頭からと決まっているのですが、カーブの直前で並ぶとダイスを同時に振って解決。接触なんてハプニングが起こる事もあるので、これが結構気合いが入ります。
 さて、今回私はファイナルラップ最後の直線で逆転という劇的な幕切れで勝利

 気持ちよかった〜。


『SNOW TAILS』

Snow Tails1.JPG

 犬ぞりを題材としたレースゲーム。
さっきの『MOTO GP』とは違ってカードを出すタイプのゲームです。

Snow Tails2.JPG

 ちょっと面白いのはカードを単なる移動力ではなく、犬の速度やブレーキの強さに使っている事。ちなみに、犬は縦二列になっていて、それぞれに速度を決めるので、左右の速度が違うと曲がって進みます。それを利用して進行方向を調節するという訳です。
 今回は二人でさわり程度のプレイでしたが、他人数でやると大混乱の予感が。速度の調節に頭を痛める事は確実でしょう。

 『あすたりすく』次回の例会は3月1日。興味のある方はいかがですか?
(準備の都合もあるので、やりたいゲームがある時は事前に「あすたりすく」ホームページの掲示板に書き込む事をお勧めします)
posted by TARGET at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114658701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。