2009年03月15日

3月の映画

 2月に観た映画は
『フェイクシティ ある男のルール』 50点
『チェ 28歳の革命』 65点

の2本。両作共、人に薦めるには躊躇する様な作品でした。悪くはないとは思うけど。

 さて、3月の映画ですが‥‥

☆『チェ 39歳別れの手紙
 『チェ2部作』の2作目。2作共、娯楽性は皆無なので、評価は難しいですね。ただ、この作品からチェ・ゲバラの圧倒的なカリスマは感じませんでした。

☆『チェンジリング
 クリント・イーストウッドの最新作。以前サスペンスと書きましたが、恐怖映画(ホラー映画に非ず)ですね、これは。
とにかく、濃密で重苦しい作品です。デートムービーには絶対不向き。

◎『天使の眼、野獣の街』
 ジョニー・トー作品の脚本を手掛けたヤウ・ナイホイの初監督作品。
公式サイトもないんですよね、この作品。とはいえ、予告編も面白そうだったし、新聞での評価も高い。ひょっとしたらひょっとするかも。

〇『ワルキューレ
 「ヒトラー暗殺未遂事件」を元にした作品。ブライアン・シンガー監督という事で期待は出来ると思いますが、主演がトム君というのがなぁ‥‥。

△『ディファイアンス
 先月からの積み残しですが、場所がシネポップに。更に観づらくなりました。

△『DRAGONBALL EVOLUTION
 何かと話題の作品ですが、原作にそんなに思い入れのない身としては食指が動かないんですよね。(個人的には『ヤッターマン』の方が駄作の臭いがするんですが

 今月は少ないですね。でも、4月は観たい作品満載で今から楽しみです。
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115664187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。