2010年02月14日

2010年1月のあすたりすく例会

 1月の『あすたりすく』の例会が1月24日に行われました。
例会で行ったゲームは・・・

『シルエット探偵』
 カバンの中から盗まれた物品を当てるゲームです。
ただし、物品はシルエットになっています。こんな感じ。

2010_01 002.JPG
 で、犯人役のプレイヤーはこの中から決められた個数の物品を取ります。
残った物品は箱(カバン)の中。

2010_01 004.JPG
 このカバンを振って(かき混ぜて)からカバンを開けます。こんな感じ。

2010_01 001.JPG
 物品がシルエットになっているので重なると、何がなんだか

 この状態で探偵役は盗まれたと思う物品をカードを出して示します。

2010_01 005.JPG
 かき混ぜ役は探偵役のプレイヤーが行うのですが、このかき混ぜが勝敗を左右しますね。


『三銃士』

2010_01 006.JPG
 最近では三谷幸喜脚本で人形劇を放映していますね。
 このゲームは、その三銃士がロシュフォール卿率いる衛士隊の妨害を避けつつ、ルーブル宮にいる王妃にネックレスを届けるというゲームです。
 三銃士側は能力が高く、衛士隊側は数で勝負。しかし、時間制限もあって三銃士側は囮などの工夫が必要です。

2010_01 007.JPG
 これが、ダルタニアン。
衛士隊との戦闘になった時、衛士隊の人数分の攻撃ダイスを振れるという凶悪(笑)なキャラクターです。


『クロノノーツ』

2010_01 009.JPG
 今回は新版で行いました。
旧版との違いは、旧版製作以降に起こった出来事を新たに加えたという点。
 今回はエキスパンションのカードを追加して行いました。(2/16訂正)
という訳で、「9・11テロ」や「オバマ当選」とかがあります。


2010_01 008.JPG
 これは、「ブッシュ再選」。

 なんとしても、阻止したい出来事ですね。


『ミスターギャンブラー』

2010_01 010.JPG
 エポック社が1977年に発売したボードゲーム。
ゲームの内容は「色々なギャンブルをする双六」
こう聞くと、面白くない様に聞こえますが、これがなかなか面白いです。


『マウス・トラップ』

2010_01 012.JPG
 ネズミを捕まえる為の罠を作っていき、完成した罠を作動させ、自分のネズミ以外を捕まえるゲームです。
このゲームも『ミスターギャンブラー』と同じで双六の様なゲームです。
とはいえ、ネズミを捕まえる為の罠が無駄にギミックが満載で、それが楽しいです。

2010_01 014.JPG
 罠にかかったネズミ達です。一度に2匹というのは珍しいので撮影。


 例会の日程ですが、3月は14日、4月は11日です。興味のある方はいかがですか?
(準備の都合もあるので、やりたいゲームがある時は事前に「あすたりすく」ホームページの掲示板に書き込む事をお勧めします)
posted by TARGET at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141065739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。