2010年05月10日

4月の映画感想

 4月に観た映画は4本。今月は豊作でした。

ハートロッカー』 85点
 爆弾処理班の活動を描いた作品ですが、

 全編緊張感の塊

 の様な作品です。
 決して歓迎されていないイラクで、武装勢力の仕掛けた爆弾を処理する日々を送っていくうちに、「周りに敵が潜んでのでは?」という疑心暗鬼で心が苛まれる様を皮膚感覚で感じる事が出来る、そんな作品です。
 ラストシーンでの主人公の行動も、心が苛まれた結果、ああなったのではないか? と個人的には思います。
 ところで、アカデミー賞を受賞した時に、
「本命『アバター』を破って・・・」という類の報道がありましたが、ピント外れもいいところでしたね。


イヴの時間 劇場版』 75点
 全6話のWEBアニメを再編集した作品。元々のWEBアニメが良作という事もありますが、再編集のやり方が非常に上手いと思いました。
 また、日本の映像作品として『ロボット三原則』を前面に押し出した作品は初めてだと記憶していますし、それが成功している。
それだけでも、価値ある作品だと思います。
 それと、『涼宮ハルヒの消失』の時に「映画的ではない」という話をしましたが、この作品は逆に非常に「映画的」。WEBアニメ版も観ているのですが、今回の劇場版で再確認というより新発見でした。


アイガー北壁』 70点
 ナチスドイツ時代のアイガー北壁登攀競争を描いた作品。
しかし、ナチスドイツの影が出てくるのは最初のうちだけ。アイガー北壁の登攀の苛烈さに目を奪われ、それをお祭り騒ぎで見物している傍観者達に怒りすら覚えつつ、自らもまた傍観者である事に自己嫌悪する、そんな作品です。


第9地区』 80点
 「異星人=難民」という図式は新鮮でしたね。異星人のフォルムがグロテスクではありますが、最後の方では愛着すら湧いてきます。逆に愛着が湧かない人には不向きですね。
 あと、『アバター』みたく説教臭くないのもいい。
 個人的にはこちらを推します。
posted by TARGET at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149474382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。