2010年08月14日

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を (2010/7/1)

公式HPはこちら

 ジョニー・トー監督独特の世界は健在だが、若干ファンタジー色が強めで『エグザイル/絆』の様な切れ味が陰を潜めているのが残念。
ストーリーも、以前の作品の焼き直しという印象を受ける。
 ただ、やっぱり、この人のガンアクションはスタイリッシュで独創的。痺れる

【評点】70点
posted by TARGET at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。