2011年06月17日

バイオハザードW アフターライフ (2010/9/15)

公式HPはこちら

 作品冒頭の経緯からして前作の続きなので、前作を観ていないと何がなんだか解らないでしょう。そこからして不親切。
なら、前作からの続きというスタンスで作っているかというと、そうでもない。
(そのスタンスで作っているなら、冒頭の渋谷のシーンは全くの無駄)
 ストーリーは相変わらずいい加減で、体内のウィルスを中和された筈のアリスが、やっぱり無敵だったりと突っ込み所満載。
アクションシーンも主役のミラ・ジョヴォヴィッチが出産後だったからか、キレがなく緩い。で、それを隠そうとしたのか、スローモーションを多用。
それじゃあ、逆に目立つって
それに目をつぶったとしても、演出がマトリックスの亜流の域を出ない。

ああ、またかという感じ。

 止めは、続編作る気満々のラストシーン。それまで観てきて続編の出来に全く期待できないのに・・・、

ホントに作るの?

【評点】15点
posted by TARGET at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210241266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。