2011年07月20日

続・我が闘争/勝者と敗者 (2010/11/05)

作品紹介はこちら
(goo映画より引用)

 前作の「我が闘争」はかなり興味深い内容でしたが、続編と銘打たれた今作はかなり期待外れ。

 ニュルンベルク裁判の冒頭陳述の内容に合った映像を並べただけという内容のうえ、使われている記録映像も今日では有名なものばかり。入門用としてはともかく、こういった作品を観る意識のある人にとっては、かなり退屈です。

 また、題材がややプロパガンダ色が強いニュルンベルク裁判なので、この作品も主観的でプロパガンダ色が強いように思います。

【評点】15点
posted by TARGET at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。