2011年09月20日

エクスペリメント(2010/12/10)

公式HPはこちら

 人の価値観というものは依存関係を与えられると簡単に崩れていく。
それが、拘禁実験という特殊な場所を舞台に静かな恐怖で描かれています。
 この作品の象徴ともなる、価値観が崩れ豹変する人物を演じるフォレスト・ウィテカーが流石です。
ただ、彼に支配される側、価値観の変容と闘う側の描写が若干弱いのが残念です。

【評点】65点
posted by TARGET at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226854678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。