2006年12月11日

第3ターンリアクションようやく

第3ターンのアクション締切まで日がありませんが、リアクションの要約を。
(ちなみにリアクションの第一印象は「短かっ!」でした。)

 「『愛しのアロア』の想い出」(A033400 金華山鹿之介マスター)


◎議論はあったものの、『愛しのアロア』(贋作)を依頼人の祖母に見せに行く一行。
◎『愛しのアロア』(贋作)を見た依頼人の祖母は一筋の涙を流し、、
 「・・・・・・とうさま・・・・・・」とつぶやいた後、静かに息を引き取る。
◎『愛しのアロア』(贋作)を美術館に返しに行く一行。
 しかし、美術館は『宮沢賢治と幻想絵画展』の準備で忙しく、
 なかなか話を切り出せない。
◎話を切り出そうとした刹那、美術館中のガラスというガラスが割れ、
 美術館は混乱に陥る。
◎その混乱に紛れて(また・・・・・・)『愛しのアロア』(贋作)を美術館に
 黙って置いて帰ってしまう。

◎ミサンセーヌに戻ると『クラムボン』(天澤氏製作の連作水彩画)を
 アレが狙っているという情報がはいる。
◎ミサンセーヌに『青嵐會学院』の少女が
 小川画伯の『露子の赤い船』を探しに訪れる。
 しかし『露子の赤い船』は売れてしまっていた為、がっかりした様子で帰る。
◎『青嵐會学院』の少女がプリンセス・チェルニーに似ているという声。
◎来月、『青嵐會学院』の後期編入テストがある。

◎『クラムボン』の最後の一枚を生徒達が運ぶ事になる。
◎その一枚は天澤氏が最後まで手放さなかったもので、
 今回手放すにあたり、よほどの事情がある事が推測される。


もうすぐアクション締切ですが、何をしようか迷っている状態です。正直なところ、魅力を感じない。やっぱり他のリアクションも読まないといけないのかなぁ・・・

篠岡紫苑についてですが

 絆ポイント  1400 → 1700
運命
 ランドグリズの護り LV1 → LV6
恋人を護った想い出 LV1(今回追加された)
囁き
 『使命感の渇望』が新たに追加

あの〜、囁きはともかく、運命の方はリアクションを読む限りなぜ運命がついたか理由が解らないんですけど。
だって今回、篠岡

 なにもしてないよ。
posted by TARGET at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 運命準備委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。