2007年12月13日

「映画ファン」って何だろう?

『毎日映画コンクール:「恋空」「パイレーツ」がリード − 「映画ファン賞」中間集計』


 常日頃から

 「ファン投票ほど、あてにならないもんはない」

と、思っていましたが、この中間集計結果を見て「やっぱりなぁ」という印象。 ただ、この結果を「映画ファン賞」と言うのは、なんだかなぁと思います。

 というのも、投票方法が、

「邦画、洋画のよかった作品を、それぞれ1本づつ」
「どちらか片方でもOK」
『TSUTAYA映画ファン賞』より)

極端な話、今年1本しか映画を観てなくても投票出来る訳ですわ。それって「映画ファン」って言えるんですかねぇ
 実際、現在洋画第2位の『バイオハザードV』を私も観ましたが、優れた作品は他にいくつもありましたよ。

「これを越える作品を観てないって、いったい何本映画観たんや?」

というのが、率直な疑問です。


 それとも、

『more楽:映画の収支 一見好調だが半数赤字』

で触れられている様に、観客の鑑賞力も低下しているんですかね。

 ちなみに、昨年の『TSUTAYA映画ファン賞』の邦画部門第1位の得票数は4000票いってなかったりします。

‥‥組織票やろう思ったら出来るやん。

 いらんわ、こんな賞。
posted by TARGET at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(雑談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。