2007年12月29日

映画オールタイムベストテン結果発表

 先日、参加した映画オールタイムベストテンの結果発表がありました。
 参加者は109名。集計はExcelで行ったそうなので、入力の手間の方が大変だったでしょうなぁ。

 で、結果は下記のとおり。

1.ブレードランナー(1982年 米 リドリー・スコット)
2.ファイトクラブ(1999年 米 デヴィッド・フィンチャー)
3.ブルースブラザース(1980年 米 ジョン・ランディス)
4.スター・ウォーズ(Ep.4新たなる希望)(1977年 米 ジョージ・ルーカス)
5.太陽を盗んだ男(1979年 日本 長谷川和彦)
6.2001年宇宙の旅(1968年 米 スタンリー・キューブリック)
7.遊星からの物体X(1982年 米 ジョン・カーペンター)
8.天空の城ラピュタ(1986年 日本 宮崎駿)
8.伝説巨神イデオン 発動篇(1982年 日本 富野喜幸)
10.ゾンビ(1978年 米・伊 ジョージ・A・ロメロ)


 10位以下については、リンク先を参照して下さい。

『ブレードランナー』が圧勝ですか。私も入れたけど。

 カルト映画の先駆けとなった作品ですが、これだけの圧勝という事は、かなりの人が観たという事。
初公開時の閑散とした劇場を知っている身としては、隔世の感があります。
まぁ、バージョン沢山あるから、投票した人が同じものを観てる訳ではないからなぁ。どのバージョンをイメージして投票したのか、内訳を見てみたいものです。

 その他ではアニメ2作品以外は、この手のランキングの常連という感じですね。

 私のベストは『ブレードランナー』を筆頭に、『ゴジラ(1954年版)』『未来世紀ブラジル』が50位以内に。まぁ、人並なのかな。

と思ったら、

オールタイムベストテン・落ち穂拾い
(1点しか入らなかった作品群)

にも、『マルコビッチの穴』が。

 カオスな脳内だ。
タグ:映画
posted by TARGET at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(雑談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75311570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。