2010年01月14日

2010年1月の映画

 12月に観た映画は5本。
『戦場でワルツを』 70点
 1982年に起きたサブラ・シャティーラの虐殺に居合わせた監督が、後日、自らの記憶を再構築する為の旅とサブラ・シャティーラの虐殺をクロスオーバーさせたドキュメンタリー。
 なにより、ドキュメンタリーの表現方法にアニメーションを用いた事が画期的。
また、アニメーションでありながら、そのリアリティに驚きを覚えます。
ただ、極めて私小説的な作品である為、娯楽性には欠ける所ではありますね。

『東のエデン 劇場版T The King of Eden』 65点
 TVアニメの続編とはいえ、話自体は確かに面白いです。
ただ、上映時間が短く、何故2本に分けたのか疑問です。
話の継続性を考えると1本にまとめた方が良い様に思います。

『パブリック・エネミーズ』 45点
 スタイリッシュではありますが、主人公のジョン・デリンジャーが追い詰められていく過程にリアリティが感じられず、演出の弱さが印象に残りました。
私見ですが、演出の弱さの要因として、
 追い詰めるFBI捜査官を筆頭に脇役の描写が淡白な事。
 物語の時間の流れの描写が曖昧な事。
 彼と愛人との間にある絆が希薄に感じる事。

があるのではないでしょうか。

『カールじいさんの空飛ぶ家』 95点
 
 私、泣いてしまいました・・・

 まず冒頭のカールとエリーの生涯を描いた部分の演出が秀逸です。正直、クライマックスシーンの演出と言ってもいいくらい。
更に、それを物語の伏線張りに持ってくる所が、また凄い。
この伏線があるので、クライマックス直前の「転」の部分が一層増幅されて心に響きます。
子供が観ても面白い冒険譚になっていますし、裏に隠された深い部分を感じさせる滲み出る演出が心を揺らします。
むしろ大人向けと言ってもいいくらいです。

『インフォーマント!』 40点
 内部告発者が、実は嘘つきで捜査陣を翻弄するというネタは、それだけでも滑稽なのに、それを更にコメディにしてしまう意図がよく解りませんでした。
特に、物語を進行する上で主人公視点のモノローグを使うのですが、それが邪魔で仕方がなかったです。

 さて、1月の映画ですが・・・
posted by TARGET at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

12月の映画

10月、11月に観た映画は7本。

クヒオ大佐』 70点
 とにかく主演の堺雅人が怪演。

  林の中、米海軍士官服姿で現れる堺雅人

  博物館の玄関前で腕立て伏せをする堺雅人

  片言の日本語で米海軍の名刺(そんなもんあるのか?)を渡す堺雅人

  怪しさ大爆発。

 こんなのに騙されている「騙されたがる人々」と「自らを騙しきれない詐欺師」の掛け合いが滑稽であると同時に切なく感じる、そんな作品でした。

ATOM』 60点
 とかく日本の観客には不評なこの作品。
個人的には、「これもありかな」と思います。
確かに「原作の表層だけ切り取った作品」と言われれば、そうかもしれませんが、それを言ったらリメイク版TVアニメも同じだし。
「人間としてつくられたロボットの乖離と葛藤」を描いた点は評価したいですね。
ところで実はこのアニメ、香港製作なので下界の子供達がアジア系。ちょっと新鮮でした。

カイジ 〜人生逆転ゲーム〜』 45点
 俳優陣がオーバーアクトなのは、原作の雰囲気が雰囲気だから良いと思います。
しかし、演出がそれに輪をかけてクドく、引っ張り過ぎなのには辟易しました。
(まるで「クイズミリオネア」の「みの溜め」みたい)
あと、なんだかんだ言ってもイカサマなんだよね、どっちも。
ゲーマーとしては不本意だなぁ。

母なる証明』 85点
 観る人によって感想が180度違う作品でしょうね。
とかく「母性」については神聖視しがちですが、この作品は、そんな一般論を根底から覆す描写には衝撃を受ける人は多いでしょう。
個人的には母性愛=自己愛が投影されたものというイメージを受けました。
母親というものは我が子をいつもでも自分の胎内に収めているのか、とも思いました。
そんな思いが、とてもやるせなく、また切ない作品でした。

スペル』 80点
 個人的には

 「お帰りなさい、サム・ライミ!」

 ですね。
昔ながらのアナログ演出、突っ込み所、笑い所満載。昔の彼を知っているならニヤニヤする事請け合いです。
若干狙いすぎの感もありますが、それはまぁ、サム・ライミだからOK(笑)
ただ、宣伝がねぇ・・・

イングロリアス・バスターズ』 70点
 良くも悪くもタラちゃんの映画ですね。
確かに面白いんですが、毎回ストーリーが変わっているのに、何故かテイストは同じ
正直「またですか・・・」と思わないでもないですね。
個人的には駆け引きたっぷりの第4章が好みですね、あとはおまけと言って良いくらい。
あと、ブラピは主役じゃないですよ。ランダ大佐(SS将校)役のクリストフ・ヴァルツの演技が秀逸で、それに完全に喰われてます。

曲がれ!スプーン』 35点
 以前「上田誠が絡んでいるので、流石の本広監督も『小林少女』の様な手抜きはしない」と書きましたが、

 ま〜た、手ぇ抜きやがった。

喫茶店での話は舞台劇からの移植なので、面白いんですよ。
でも、それ以外は本当に酷い。
タイトル部分は完全に手抜き、ラストは蛇足以外の何者でもない。喫茶店での話が良いだけに興ざめ200%です。上田誠が可哀相です。
さて、12月の映画ですが
posted by TARGET at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

10,11月の映画

9月に観た映画は、4本。
『グッド・バッド・ウィアード』 70点
 以前にも書きましたが、
 
 主演3人の魅力と勢いだけで押し切った作品。

 細かいところは気にしないで観るのが吉。

『縞模様のパジャマの少年』 65点
 確かに演出は上手いですよ。
 でも、ドイツ側の少年が設定の年齢よりも、
 ずっと幼く描かれている事に違和感を覚えました。
 「無知である事の罪」「ナチスドイツの罪」等、結構重いテーマの筈なのですが、
 ある種のファンタジー的な演出によってテーマが矮小化されていると思います。
 あと、二人の少年の間に対等な友情が成立していたかも疑問
 個人的には「姑息な作品」で好きになれません。

『ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜』 60点
 キャラクター造形に、ぎこちなさがあり、フル3DCG作品としては、
 まだ課題山積ですね。
 内容の方はというと、主人公の遥が傍観者になっていて、
 「テオの成長物語」といった感が強いですね。
 そういう意味では作品の趣旨と矛盾しています。
 あとテオ役の沢城みゆきが熱演。やっぱり上手いなぁ。
 ある意味、彼女で持っている作品です。
 (その事で「テオの物語」になっているのは皮肉ですが)

『孫文 〜100年先を見た男〜』 45点
 『革命家』孫文の隠された一面だとは思いますが、
 「資金集めに奔走する孫文」というのは、やっぱり地味ですね。
 その地味な題材を淡々と描かれると・・・、ねぇ。



さて、10月の映画と言っても、もう15日を過ぎているので11月と併せてという事で。

☆『クヒオ大佐』
posted by TARGET at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

9月の映画

 8月に観た映画は、5本。
『ターミネーター4』 60点
  シリーズとしては一応の決着はつけた、という感じです。
  続編を作ろうと思えば作れますが。

『サマーウォーズ』  85点
  ネットについて知っていないと、馴染めないかも。
  あと、性善説に偏り過ぎるという批判は出るでしょうね。
  個人的には「新旧のコミニュケーションの融合」が心の琴線に触れました。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 75点
  純粋に面白かったですね。
  ただし、続編で伏線を畳めるかについては未知数。
  あと、真希波みたいな「男前ヒロイン」は昔だったら無理だったろうなぁ。

『宇宙へ。』  40点
  NASAのフィルムのみを編集とはいえ、
  NASAだけが宇宙開発している様な印象を受けます。
  ドキュメンタリーとしての客観性に欠けていますね。
  (「アポロ=ソユーズ計画」について、一切触れていないので尚更ですね)
  100分という上映時間はいかにも短いし、音楽も邪魔。
  マニアには食い足りない、初心者には退屈な作品だと思います。

『センコロール』 55点
  短編作品なので、背景世界の説明がないのは仕方ないとしても、
  戦闘メインなので、スケール感に乏しい感があります。
  独創的なキャラの造形や、丁寧な絵造りなだけに惜しい。

 さて、9月の映画ですが、
posted by TARGET at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

8月の映画

6月に観た映画は
『スラムドック$ミリオネア』 85点
『グラン・トリノ』 90点

の2本。

『グラン・トリノ』は、ある意味「私小説的作品」ですね。「出演作としては最後」というクリント・イーストウッドの言葉も、よく解る作品です。

7月は‥‥、1本も観ずじまい。絶対観たい! っていう作品もなかったしねぇ‥‥

さて、8月の映画ですが、夏休みとあってアニメが多いです。


bnr_eva_a02_02.jpg

 ああ、この作品は7月公開でしたっけ。
映画の日に観に行こうと出かけたのですが、満席で断念。まだまだ人気衰えずといったところです。
 ミハイル暁さんは絶賛していましたが、私自身は、監督に対して懐疑的です。なので、期待はせずに観ようかと思います。

◎『サマーウォーズ


 『時をかける少女』の細田守監督の最新作。評判もなかなか良い様で、こちらは期待大。

〇『宇宙(そら)へ。
 BBCがNASAの記録フィルムを編集したドキュメンタリー。
NASAの記録フィルムは、自分では結構観ていると思っているのですが、新しい発見があればいいな。
(それに500円で観れる日もあるしね)

〇『センコロール
 最近、よくみるようになった個人製作アニメーション。スポットCMが面白そうだったので。

▲『セブンデイズ
娘を誘拐された女弁護士が主人公のサスペンス。韓国サスペンスは総じて出来が良いので、ちょっと期待。

△『ボルト
 ピクサーのジョン・ラセターが製作総指揮のディズニーアニメ。
ただのディズニーアニメならパスですが、ラセターが絡んでいるとなると興味が湧きますね。
ロードムービーというのもラセターらしいし。

△『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜
 フジテレビ開局50周年記念作品のフルCGアニメ。
プロデューサーが亀山だし、声優のほとんどが本職じゃないし、沢城みゆきが準主役じゃなきゃ、普通ならパスなんだけどなぁ‥‥。

△『G.I.ジョー
 元々はハズブロ社の人気フィギュアに端を発するアクション映画。
劇場招待券の懸賞に当選したら観に行きます。

△『ハリー・ポッターと謎のプリンス
 シリーズ最新作。とはいえ、酷い出来だった前作と同じ監督だというのが、どうにもねぇ‥‥。

△『ターミネーター4
 まだ間に合うか?

先月観れなかった分、今月観倒そうと思っていますが果たして?
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 21:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

6月の映画

 5月に観た映画は
『バーン・アフター・リーディング』 55点
『レッドクリフ』 70点
『交響詩篇エウレカセブン』 85点
『チェイサー』 75点

の4本。
『交響詩篇エウレカセブン』には仰天しましたね。しかし、基本線はTV版と同じでぶれていない。いい作品です。
『チェイサー』は、後味の悪い作品。しかし、観る者を引き付ける「何か」を持っています。感情移入がしにくいので好き嫌いが別れるでしょうね。

 さて、6月の映画ですが、新作は微妙。

☆『スラムドック$ミリオネア
 疾走感溢れる演出と、それに非常にマッチした素晴らしい音楽。
改めて映画は総合芸術であり、総合娯楽である事を再認識させる作品です。
また、ボーイミーツガールを真正面から見せているのも好印象。(『エウレカセブン』にも、同じ事が言えます)
昨今の邦画の定番である、「泣き」の演出なんか、あほらしくて観てられまへんわ。


〇『ハゲタカ
 NHKの人気ドラマの映画化。
ドラマ版は好評だった作品なので、期待はあるのですが、ドラマ版の時とは経済情勢が180度違うからなぁ。
 時機を逸した様な気が。

▲『レスラー
 一度は引退したロートルレスラーの復活劇。

 もしくは、長らく低迷していたミッキー・ロークの復活劇。


▲『ターミネーター4
 まぁ、長い付き合いですから。
しかし、第1作はB級映画だったんたよなぁ。


△『ザ・スピリット
 グラフィックノベルの人気作家、フランク・ミラーが自ら脚本、監督を務めた作品。
 スタイリッシュな映像は確定ですが、フランク・ミラーの監督としての力が未知数なので、ちょっと二の足を踏んでいます。
 とか言ってたら、もう終わり‥‥

△『グラン・トリノ
 先月からの積み残し。
評判はすこぶる良いのですが、もう終わりそうなので、間に合うかどうか‥‥


△『ブッシュ
 「史上最悪の大統領」、ジョージ・ブッシュの物語。
予告編を見る限り、ブッシュをこき下ろす作品かと思いきや、「観た後はブッシュに同情的になる」という話も。
流石、オリバー・ストーン?


△『宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−
 押井守原作、脚本の時代劇アニメ。
公開間近になっても、キャストがさっぱり判らない、謎のアニメ。
でも押井守の事だから、語っちゃうんだろうなぁ、きっと


 う〜ん、今月は微妙な作品が多いなぁ。


閑話休題、見なくていい作品の与太話
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

5月の映画

 4月に観た映画は
『天使の眼、野獣の街』 85点
『ワルキューレ』 65点

の2本。『天使の眼、野獣の街』は、拾いもんの佳作。こういう作品を見つける事が出来るのも、映画好きだからこそですね。

 さて、5月の映画ですが、今月も観たい作品満載です。

☆『バーン・アフター・リーディング
 コーエン兄弟の十八番のクライム・コメディ。ブラット・ピットが、おバカキャラを嬉々と演じています。
面白い人には面白いのでしょうか、私には彼らの面白さがイマイチよく解りません。今回も駄目でした‥‥

☆『レッドクリフ PartU 未来への最終決戦
 演義と違うとか、群雄達の存在感が薄いとか、言われている様ですが、「赤壁の戦い」を映像化したという点だけで、評価に値する作品だと思います。
作品後半の戦闘シーンは息を呑む程の出来。この迫力は映画館でないと味わえないです。

◎『スラムドッグ$ミリオネア
 先月からの積み残し。まだまだ人気があって、席を確保するのが大変なので、もう少し先になるかな。

◎『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
 TVアニメを再編集した作品、でも、ストーリーは別物という変わった作品。
TVアニメは観てました。当時から一風変わった作品でしたね。こういう変化球的な作品は個人的には好きです。

◎『チェイサー
 実際の事件を下敷きにしたクライムムービー。このジャンルの韓国映画はどの作品も出来がいいですね。評判も良いようですし、期待の一本です。

〇『グラントリノ
 「クリント・イーストウッド最後の出演作」という噂もある作品。
しかし、次から次に作品を発表するあたり、まだまだお元気の様で。


choco.gif

 『マッハ!!!!』でお馴染み、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督の最新作。
例によって例のごとく「ワイヤーなし、スタントなし、CGなし」の手づくりアクション映画。



ただ、今回はトニー・ジャーではなく、女優さんが主役というのが違う意味で凄い。ただ、大阪では難波のみで公開というのが痛いなぁ‥‥

△『ミルク
 先月からの積み残し。ちょっと無理かも

△『消されたヘッドライン
 BBCの人気政治サスペンスの映画化。かなり渋めの作品なようです。
私はこういうの好きなんですが、派手さがない分、すぐに終わりそう‥‥

 6月は一息つけそうなので、2ヶ月で全部観れたらいいなぁ。
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 00:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

4月の映画

 3月に観た映画は
『チェ 39歳別れの手紙』 60点
『チェンジリング』 90点

の2本。チェンジリングは流石の1本ですね。今年のベストに入るかも。

 さて、4月の映画ですが、アカデミー賞関連の作品が続々公開されます。

☆『天使の眼、野獣の街』
 日曜日に観てきました。

 おもしろい。

 監視カメラの監視や尾行を主な仕事とする「監視課」に配属された新人女性捜査官の姿を描いたサスペンスドラマ。
監視や尾行の専門チームというと地味な感じですが、派手なドンパチとは違う静かな攻防が、緊張感あふれる演出で描かれています。久しぶりに作品冒頭から引き込まれた作品です。大当り

◎『ワルキューレ
 前売券購入済。今度の土曜日あたりに観にいく予定。

◎『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−
 Part1観ましたから、やっぱり観ないと。とはいえ三国志ファンには評判悪いんだろうなぁ、きっと。

◎『スラムドッグ$ミリオネア
 今年のアカデミー賞作品賞受賞作。当たり外れの激しいダニー・ボイル監督ですが、これは流石に当たりでしょう。

〇『フロスト×ニクソン
 ニクソン元大統領とテレビ司会者フロストとの、テレビ史に残るインタビュー番組を題材にした作品。
 予告編を観ましたが、フランク・ランジェラって、ニクソンというより、レーガンに雰囲気似てますよね。
 ていううか、梅田では3週目にして縮小上映なんですけど・・・

▲『ミルク



 1970年代、同性愛者であることをカミングアウトした市会議員、ハーヴェイ・ミルクの生涯を描いた作品。
 主演のショーン・ペンは好きなんだけど、監督のガス・ヴァン・サントが肌に合わないんですよね。どうしたもんかなぁ‥‥。

△『映画は映画だ



 原案がキム・ギドクというので敬遠していたんだけど、人気もあるし(今日も結構並んでたなぁ)評判もいいみたいで気になっています。

△『ザ・バンク−堕ちた巨像−
 巨大金融機関の闇の部分を描いたサスペンスアクション。
タイムリーではあるけれど観る暇あるかなぁ。

 実は5月も観たい作品満載。作品の取捨選択に苦労しそうです。
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 23:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

3月の映画

 2月に観た映画は
『フェイクシティ ある男のルール』 50点
『チェ 28歳の革命』 65点

の2本。両作共、人に薦めるには躊躇する様な作品でした。悪くはないとは思うけど。

 さて、3月の映画ですが‥‥

☆『チェ 39歳別れの手紙
 『チェ2部作』の2作目。2作共、娯楽性は皆無なので、評価は難しいですね。ただ、この作品からチェ・ゲバラの圧倒的なカリスマは感じませんでした。

☆『チェンジリング
 クリント・イーストウッドの最新作。以前サスペンスと書きましたが、恐怖映画(ホラー映画に非ず)ですね、これは。
とにかく、濃密で重苦しい作品です。デートムービーには絶対不向き。

◎『天使の眼、野獣の街』
 ジョニー・トー作品の脚本を手掛けたヤウ・ナイホイの初監督作品。
公式サイトもないんですよね、この作品。とはいえ、予告編も面白そうだったし、新聞での評価も高い。ひょっとしたらひょっとするかも。

〇『ワルキューレ
 「ヒトラー暗殺未遂事件」を元にした作品。ブライアン・シンガー監督という事で期待は出来ると思いますが、主演がトム君というのがなぁ‥‥。

△『ディファイアンス
 先月からの積み残しですが、場所がシネポップに。更に観づらくなりました。

△『DRAGONBALL EVOLUTION
 何かと話題の作品ですが、原作にそんなに思い入れのない身としては食指が動かないんですよね。(個人的には『ヤッターマン』の方が駄作の臭いがするんですが

 今月は少ないですね。でも、4月は観たい作品満載で今から楽しみです。
タグ:映画 予定
posted by TARGET at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

2月の映画

 1月に観た映画は
『地球が静止する日』 10点
『バンク・ジョブ』  75点
『エグザイル/絆』  85点
(ここのところ感想を書けていないので、今年から点数もつける事にしました。情けなや‥‥)

 最初の1本は酷い出来でしたが、後の2本はそれぞれに味わいがある作品でした。

 さて、2月の映画ですが‥‥

◎『チェンジリング
 クリント・イーストウッドの新作。
今回はサスペンスとの事ですが、テレビCMを見る限り、いつもの鬱展開になりそうですね。私は好きだけど。

○『フェイクシティ ある男のルール
 あのジェームズ・エルロイが脚本を手掛けた事で(一部では)話題の作品。
ただ監督のデヴィッド・エアーが元々脚本畑の人で、監督は今作が2本目というのが、ちょっと不安。

▲『チェ 28歳の革命』
 『チェ 39歳 別れの手紙



 結局、先月は観に行けなかった前者。とにかく、2本セットで観ない事には意味がないので、前者を見逃すと厳しいですね。

△『ディファイアンス
 007のダニエル・クレイグ主演の「第二次大戦ユダヤもの」。
気にはなっていますが、ここまで手が回らんだろうなぁ。


 なんだかんだで2月も3分の1が過ぎてしまいました。今月は何本観られるかなぁ。
タグ:予定 映画
posted by TARGET at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(メモ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。