2006年08月01日

『カーズ』を観る(7/30・暫定版)

【監督・脚本】ジョン・ラセター
【声の出演】オーウェン・ウィルソン ポール・ニューマン
      ボニー・ハント ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
(オフィシャルHPはこちら

【評点】80点
 いやぁ面白かったですよ。
 まず冒頭のレースシーンに目を奪われます。日本では知名度のないものの、アメリカでは随一の人気を誇るストックカーレース。昔、衛星放送でたまにやっていたのを見た事があるのですが、放送の手法からなにからソックリ。監督が車好きだという事がこれだけ見てもよく解ります。
 
 そして車文化はアメリカ文化の象徴。この作品のテーマは『失われたアメリカ文化への回帰』だと私は思っています。

 レースシーンの後、少しテンポの悪さがあるし、話もどちらかと言えば単純なのですが、それを補って余りある脚本の構成の良さと繊細なキャラクター描写が作品を筋の通ったものにしています。だから、最後までダレずに観る事ができるし、観た後「なんかいいよなぁ」という爽快な気分にさせてくれるのだと思います。

 ところで、この作品、結構「大人の会話」が多かったと思いませんか?
 カーレースという題材自体、子供をターゲットにしたものとはいい難いし、「大人の会話」といい、テーマといい、大人、それも「少年な大人」が観てこそ味が出る作品なのではないでしょうか。


 
 
 【おまけ】
ラベル:PIXER カーズ
posted by TARGET at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画の感想(暫定版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

『ウルトラヴァイオレット』を観る(7/8・暫定版)

【監督・脚本】カート・ウィマー
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ キャメロン・ブライト
(オフィシャルHPはこちら

【評点】20点
 いやぁ、中身がなんにもないですよ、この作品。ストーリーはありきたりだし、かといってアクションで魅せるのかというと、これがグダグダ。リアリティもなければスタイリッシュでもない。
 なにより、

 キレがない。

 トニー・ジャーなんかを観ているこちらとしては、これで楽しめと言っても無理

 あと、敵がボス以外全てザコというのはねぇ・・・

 という訳で、観に行かないでいいです。
posted by TARGET at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想(暫定版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

『デスノート 前編』を観る(7/1・暫定版)

【原作】大場つぐみ 小畑健
【監督】金子修介
【出演】藤原竜也 松山ケンイチ
(オフィシャルHPはこちら

【評点】60点
 私は原作を読んだ事がありません。その私が観てもダイジェストと感じるのはどうなんでしょ? もっと深みのある話だと思ったんだけどなぁ。今回はプロローグなのでしょうか?
 とは言うものの、後編を観る事を即決した位ですから、魅力のある作品だと思います。
 あと、藤原竜也はやっぱり良いねぇ。


【ところで】
posted by TARGET at 00:32| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画の感想(暫定版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

『隠された記憶』を観る(6/11・暫定版)

【監督】ミヒャエル・ハネケ
【出演】ダニエル・オートゥイユ ジュリエット・ビノシュ
    モーリス・ベニシュー
(オフィシャルHPはこちら

【評点】65点
 監督の演出は確かに上手いのですが、芸術家肌の映画監督特有の難解な部分が盛り沢山。観るには覚悟がいりますね。
posted by TARGET at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画の感想(暫定版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。