2006年10月04日

露木えびねマスターに関する私的印象

 『BloodOpera』が終わって半年あまり。総集編も届いているようで(私は買ってないけど)。

 という訳ではないのですが、マスターに関する私的印象を書いてみようかと思います。(本来ならもっと早くにやるべきなんだろうけど)

 ちなみに、私が『BloodOpera』でつきあったマスターは露木えびねマスター。最初に断っておきますが、あくまで私的印象なので、あまり真に受けないでね。


1多数派工作が好き。

 とにかく多数派工作をするような状況をよく作っていましたね。印象に残っているものを挙げると
 @第1ターンの「企画室対外交渉部部長選挙」
 AADR本社派と英国支社派の勢力争い
 Bアデラ・ロメの旅の行き先を多数決で決定
といったところでしょうか。個人的には合点のいかないものばかりでしたが。

 @に関してはPL間で連絡を取り合うきっかけにはなるとは思うのです。でも、ゲームが始まる前からグループを作っている所が有利なのは明らかだし、なによりPL内派閥を生む事を助長していると思います(現に生まれましたしね)。
 でも、小耳に挟んだ話では露木マスターは当初からADRの分裂を画策していたとか。だとしたら、これはマスターの目論見通りなのかも。とんだ狸だね。
 で、Aにつながる訳です。ここで、各支社に対する多数派工作を行ったのですが、各支社の情報が一切提示されない。普通、多数派工作を行うにはその為の材料が必要なのに、それがない状態でどうやれと?まぁ、各支社の状況を調査するアクションを掛ければ良かったのでしょうが、多数派工作のリミットさえも提示されない状態では、今から調査しても間に合わないと思い込んでも仕方ないかと。すくなくともリミットは明記して欲しかったです。
 Bについては論外だと思います。なぜなら『当たり』のアクションを掛けてていても、それが少数派なら黙殺されてしまう事になるからです。正直、これってマスターの怠慢だと思います。
 正直、常にフリーハンドの立ち位置で個人的行動がやりたい私としては、この『多数派工作攻撃』はとても辛かったですね。


 2アクションの判定基準に統一性がない

 例えるならば、「一度ボールと判定したコースと全く同じコースをストライクと判定する」といったところでしょうか。それを特に感じたのは「イスラエル支社の寝返り」ですかね。イスラエル支社が本社派に寝返ったきっかけは
「アデラ・ロメのイスラエルでの出国記録がないのに、実際にはイスラエルを出国している。これにイスラエル支社が関与しているのでは?」
と詰め寄られた事なのですが、それまでの判定基準がADR本社派側に厳しい事を考えると、「関与を否定されて終わり」でもおかしくなかった筈。それが、あっさりと寝返ったので「えっ、その程度でOKなの?」と思いましたね。
 この事で思い出すのは、露木マスターのマスタリングを経験しているプレイヤーさんから、よく聞いた「フラグが立つ」という表現。要するに「フラグが立つ」までは真を突いたアクションを掛けていても無視されるという事ですが、個人的にはおかしいと思うのですがねぇ・・・。おまけに「フラグを立てる」のはPCじゃなくてマスターというのは・・・。

 とりあえず、今日はここまでにします。続きはまた明日。
 さて続き。

 3PCよりNPC。

 全体的にNPCを大事にするマスターだと感じました。まぁ、ゲームの前半ならそれでもいいとは思いますが、後半になっても話の中心にNPCが沢山いるというのはどうかと。まぁ、PCもNPCも『自分の物語を完成させる為の駒』扱いしている節もあったからなぁ。
 一番それを感じたのは英支社長のジェフリー・ウィンター。自分の肝いりで据えたPCの専務を本筋の聖杯が見つかるかもしれないという話の都合上とはいえ、

 「俺は逃げる。後は勝手にしろ」

はないんとちゃうかなぁ。少なくともなんらかの手当てを講じるのが人の上にたつ人間(あ、人間じゃないか)の責任だと思うけど。それともNPCに責任という言葉はないんですかね。


 4リアクションの中で前回のリアクションについて言い訳をする

 これは本当に主観でものを言ってますね。これを最初に感じたのはADRが漆黒に襲撃された次のリアクションです。この時、私のPCは役員会の会場をオテルに設営するアクションを掛けて600BPを獲得したのですが、プレイヤー的にはアクションを大失敗したと感じていたので、

 「本意ではないのでBPを返上する」(これはこれで無茶苦茶だなぁ・・・)

とアクションに書いたのですよ。そうしたら、次のリアクションでNPCのグリモー社長に「会議の場所をオテルに移してくれた事を感謝している」と言わせています。これが私には『600BP付与の言い訳』に見えて仕方がないのです。
 イスラエル支社長の寝返りの時もそうでした。というより、こっちの方が露骨でした。前述したとおり、イスラエル支社長の寝返りについて「えっ、その程度でOKなの?」と思ったのですが、次のリアクションでイスラエル支社長に寝返りの理由を延々と喋らせているんです。正直な所、寝返った理由なんて後で知ったところで何の価値もないし、どうでもいい事だと思うのですよ。その事にスペースを割いてまでやる根拠が私には解らない。もし、あるとすれば『言い訳』以外にないでしょ。そんなん見せられても、こっちが困るわ。


 
 個人的な印象はこんなものでしょうか。今回の露木マスターのシナリオは『マスター主導型シナリオ』だったと感じています。マスター主導が悪いとは言いません。マスターがシナリオをある程度コントロールしないとシナリオ崩壊を起こすでしょうから。
 ただ、マスター主導である事をプレイヤーに感じさせては駄目です。感じたプレイヤーのモチベーションは確実に下がりますし、その事が後のシナリオに悪影響を与えるのは明白です。
 ましてや、自分のPCが『マスターの物語を完成させる為の駒』と感じたら・・・、それはもう、おしまいなのです。今回、私はそう感じました。だから、このマスターのシナリオをプレイする事はもうないでしょう。
posted by TARGET at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

マスターの評価のおはなし

 オフイベも終わって(私は参加していませんが)一段落ついた感のブラオペ。私も個人的には9ターン目で終わっているのですが、その頃、ふと「マスターの客観的評価って出来ないものかなぁ」と考えた事があります。

 まぁマスターの評価、特に自分が参加していたマスターの評価というものは、ほぼ間違いなく主観的になってしまうものだと思いますし、私自身も客観的に見る事は出来ません。でも、指標の様なものは作れるのではないかと考えてみました。


その1「定着率」
 最初に入ったシナリオで満足できていれば、シナリオ移動をする人は少ない筈です。なんらかの不満があるから、そしてその大部分はマスターに対する不満があるからシナリオ移動するのではないかと。
 そこで、シナリオ序盤から参加しているPCのうち終盤まで残っているPCの割合を求めたものです

          シナリオ終盤まで残っていたPC数
 定着率 = ―――――――――――――――――  × 100
             シナリオ序盤のPC数


その2「新規参入率」
 これは「定着率」とは逆ですね。

             シナリオ序盤にいなかったPC数
 新規参入率 = ―――――――――――――――  × 100 
               シナリオ終盤のPC数



 これを私が参加していた露木シナリオに当てはめてみます。第1ターンの参加PC数はPC名簿以上のPCが参加していたらしく、把握できないので第2ターンの参加PC数を「シナリオ序盤」の基礎数値、第9ターンの参加PC数を「シナリオ終盤」の基礎数値(最終ターンはアクション出してないので)とします。


          64 
 定着率 = ―――  × 100 ≒ 62.7% 
         102

            19
 新規参入率 = ――  × 100 ≒ 22.9
            83 

 
 この数値が高いのかどうかは評価が分かれる所(個人的には低いと思っています)ですが、 解りません。なぜなら全てのシナリオについて統計を取って比較していないからです。ただ、全シナリオの比較が可能であるならば、この指標はマスター評価をするうえで一定のものにはなるんじゃないかと思いますが、どんなもんでしょ?
posted by TARGET at 00:04| Comment(10) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

「アクションってなんだっけ?」のおはなし

 もうすぐ、リアクションの発表日です。
 リアが来る前に言っておきます。

 わたしは、

 「なにもしない」とアクションに書きました。

 理由はと聞かれれば、忙しかったというのもありますが、それよりも『やる気』が全く無くなったというのが一番ですかね。

 どうも、マスターがPC達の事を自身が作る物語の駒としてしか見ていない様な気がするんですよ。自分のPCだけに感じる事だったら、ただの思い過ごしかも知れませんが、他の方のPCを見ていても、そう感じてしまうというのは、ちょっとねぇ・・・

 で、「なにもしない」と。ついでに上記の自身が感じている事も書いてしまいました。悪いプレイヤーです。

 という訳で、今まで何かとお世話になってきた方々、好意を無にする形になってしまって、申し訳ありません m(__)m


 といいつつ、今回のリアでPCがどんな扱いを受けるのか楽しみにしています。もし、なんかしてたら、それはマスターが勝手に動かしているという事です。活躍していようが何していようが、そんなマスタリングをするマスターには私はついていけません。

 ついていきたくもないけどね。
posted by TARGET at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

どうでもいいおはなし

 とりあえず、リアもきたので簡単な報告。

 黄天宏はイスラエルへ行きました。

 おわり。


 ちなみにBPのシナリオ増加は300BPです。

 ・・・だから、なんでそんなに増えてるのちっ(怒った顔)
posted by TARGET at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

「水と油」のおはなし

 リアクション、メールも紙も到着しました。

 『ADR各国事情』(A072304) マスターは露木えびね。

 自分のアクションの結果はというと成功なんでしょう、いちおう。

 でもね、
 こっちのアクションの内容を引き写して、その結果を少し添えるだけ。

 そんなもんはリアとは言わん。


 ここまででも、ちょくちょく感じてきましたが、私とマスターの相性は最高レベルに悪いのでしょう。マスターにとって私は良いプレイヤーではなかったでしょうし、私にとって、このマスターは最悪に近いマスターでしたし、これからもその評価は変わらないでしょう。

 今回のリアを一読して感じる事も、

 「君のやってる事は、手遅れなんだよね
 「しょせん、君は道化なんだよ
 「でも、みんな仲良くしてね

 といった悪意というか嘲笑というものしか感じませんでした。ちょっと被害妄想入っているけど、「人間というものは感情の生き物」だとマスターも言ってますし、そういう事です。

 
 ・・・正直なところ

 「もう、どうでもいいや」

 なんで、リアの感想はこれっきりにしたいと思っています。もう、愚痴になるだけだし。

最後に
posted by TARGET at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

「BPインフレターゲット」のおはなし

 今更ですが、アクションは22日に投函しました。

 内容はというと、倒壊寸前の本社ビルから電算室過去史研究室の資料を搬出するというもの。搬出するついでに資料の整理もして、<銀>関係の資料でも見つかればいいなぁ、程度の事は考えております。
 英支社側の狙いもおそらくはここに眠る資料だと考えられるので、行動に際しては早さ第一という事を書いています。

 これで出遅れたらこれから先、どんなアクションも駄目だろうな

 まぁ、せいぜい足掻いてみせますよ。

 
 ところで
posted by TARGET at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

「敵は○○」のおはなし

 メールリアが届きました。

 『物理的力はすべてを押しつぶす』(A062304)。マスターは露木えびね。

 なんじゃ、こらぁ!

 仏本社側のアクションはすべて却下。
 仏本社は<漆黒>の襲撃を受け壊滅。
 この危機を利用して英支社側に寝返ったPCが専務に就任。実権を掌握。


 マスターの悪意を感じるのは私だけ?

 そりゃ、確かにこちら側は内部でギクシャクしていたし、アクションに不備があったのかもしれないけど、ここまでの仕打ちはないんじゃない?
 だいたい全てのPLをひとつにまとめようなんて、どだい無理な話だと思うけど。住所やメルアド非公開で周りとのコンタクトを避けてる人だっているんだよ? ハードル高すぎ

 今回の事で、よ〜く解りましたよ。


 敵はマスター。


 だから、あんたの意図なんて知るもんか。
posted by TARGET at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

「マルセイユよ、私は帰ってきた!」のおはなし

 年も明けたのに昨年のアクションの話をするのも今更なんですが、少しだけ。

 以前「たぶんマルセイユにいない」と書いたのですが、当初のアクション案がリスクの高いもの(というより、ほぼ失敗)であることに気づき、方針転換した結果、

 「マルセイユよ、私は帰ってきた!」

という顛末になりました。具体的な話はできませんが、ブーピートラップ的仕掛けをしています。引っかかってくれるといいなぁ。

 ところで、今回仕掛けをほどこすにあたり、NPCをコキ使っています。ここで言うNPCというのは名前のあるNPCではなく、俗に言われるエキストラ、その他大勢というやつ。こういうNPCを雑用に使うという手法、あまり見る事がないのですが、人手不足を解消するツールとして私はよく使います。
 もちろんこの手法を使うにあたっては自分のPCが組織(今回の場合はADR)に属していて、組織内である程度発言力がある事が大前提で、そのうえ成否はマスター次第。でも集団行動に個人が勝とうと思ったら、この程度の事は許してもらわないとやってられないですよ。

【おまけ】
posted by TARGET at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

『Alea jacta est!』のおはなし

 次回から<漆黒>の介入が本格的に始まるそうで、Alexaのグループ各社が<漆黒>の配下に攻撃されます。tpkpkさんの「ブラッドオペラのなにか」を筆頭に各所で「次回襲われるのはどこか?」という話題に花が咲いています。で、遅ればせながら私もそれに便乗。

 「襲撃はある一定の法則に従って1つないし複数選定される」との事ですが、ここで私の考えるポイントは

  1.最初に襲撃されたアレクサRCは『一定の法則』で選定されたのか?
  2.『一定の法則』を構成する材料(元ネタ)は何か?
  3.襲撃目標の数も『一定の法則』に従っているのか?

 の3つです。

 最初のポイントはひとまず脇に除けておいて、『一定の法則』を構成する材料について。
 結論を言うと、候補は2つしかないと思います。

 「会誌かドレーガゲームか」

 理由としては、全ての会社が掲載される可能性があるというのと、『一定の法則』と推理させる様な情報が多くある、つまり欺瞞情報が多く存在するからです。
(夜会は欺瞞情報という意味では少ないので除外しました)

 次に襲撃目標の数についてですが、私はこれも『一定の法則』に従っていると考えています。全ての要素が「法則」によって決定しないと「法則に基づいた推理ゲーム」として成立しなくなってしまいます。故に「所属企業割合の多い順」等は襲撃企業の数までは決まらないので違うかと。

 以上を踏まえて、会誌の場合を見てみると候補は

 ・最新ニュース
 ・キャラクター紹介
 ・系列子会社紹介

 くらいでしょうか。いずれも複数の企業が登場しますし、1つの企業を標的にするのであれば、全てその企業絡みで記事を構成すればいいのですから。ただ、襲撃企業数に上限があるのが難点です。
 最大の難点は襲撃されたアレクサRCと先月の各記事との関連性が見つからない事です。キャラクター紹介に至っては今月からだし。なので、「『一定の法則』による選定は今回から」という条件つきになりますが、襲撃候補としては

 ・姉倉屋トイズチェーン(最新ニューストップ、キャラクター紹介×2)
 ・東京ジオフロント(最新ニュース)
 ・SEネットワーク(最新ニュース)
 ・ADR(キャラクター紹介)
 ・オテル・ド・ブリュメール(系列子会社紹介)
 ・ウェルスウェア(系列子会社紹介)

の6つ。中でも姉倉屋の注目度が高いです。とはいえ、条件付だし個人的にも違うような・・・

 もうひとつ「ドレーガゲーム」の方ですが、資料を整理した当初は違うと思っていたのですが、ある事に気がついてからは「たぶん、これ」という感触があります。この法則だと、襲撃目標の数も上限なく決定できるし、アレクサRCが襲撃目標になった事もこの法則で説明できます。この法則(今のところ内緒。もちろん○○が多い順とかではありません)によれば、次回襲撃されるのは、

 ・仙石重工
 ・姉倉屋トイズチェーン

間違いない!(いいのか?)


 でも、
posted by TARGET at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

『赤と黒』表紙アオリ文のおはなし

 『赤と黒』の表紙アオリ文に毎回投稿しています。
 で、なんと今回最終候補まで残ったのですが・・・、他の方々の作品と比べると私の作品は

 何がなんだか意味不明。

 投稿した時は解説もつけていたので、そうは思わなかったのですが、改めてアオリ文だけ見ると印象が全然違うという事が身に染みたですよ、はい。

 という訳で私のアオリ文『00は希望のナンバー』についての解説を。

 「00」というのはルーレットの数字を意味しています。ルーレットでは1〜36の数字は赤と黒に分けられていますが、0と00は赤でも黒でもない数字です。

 赤でも黒でもない→ロアドでもドレーガでもない→普通の人間

という流れで、00がロアドにとって希望のナンバーという事になる訳ですね。

 しかし、今から考えると『00は希望の番号』の方が良かったかなぁ。007シリーズの第一作、『ドクター・ノオ』の旧邦題、『007は殺しの番号』のパロディにもなったし。


【おまけ】
posted by TARGET at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BloodOpera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。