2008年05月14日

『ブレイブ・ワン』を観る(2007/11/14)

【あらすじ】
 ニューヨーク。エリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)にとって、そこはくつろげる家、そして職場がある街。ラジオ番組「ストリート・ウォーク」のパーソナリティーとして、彼女はこの大好きな街の音と、そこにある物語をリスナーに伝える。夜になれば家に帰り、愛する婚約者デイビッド・キルマーニと過ごす。
だが、ある恐ろしい夜を境に、エリカはすべての愛するものを奪われてしまう。ふたりは暴漢に襲われ、デイビッドは命を落とし、彼女自身もひどいけがを負う。

 肉体の傷は癒えても、心の傷は深く、深く残る。デイビッドを失ったことの打撃よりもさらに克服し難いのは、彼女の脳裏につきまとって離れない恐怖だった。
かつて歩き回ることが楽しくてならなかったニューヨークの通りや、かつては隅々まで知り尽くし、彼女を温かく迎えてくれた場所でさえ、今ではよそよそしく、危険に感じられる。
そしてその恐怖感がついに限度まで達すると、エリカは運命的ともいえる決断をし、自衛のために武装する。銃という形のあるものを手にすることにより、姿の見えない敵から自分を守ることができる……少なくとも彼女はそう考えたのだ。

 彼女が初めて人を撃ったとき、それは殺すか、殺されるかという状況だった。
二度目も自衛手段……あるいは、彼女はあえて危険な場所から出ない選択をしたのだろうか? 彼女を一度、完全に無力な状態にした恐怖が、今度は何か別のものに変化していた。あの夜、奪われた人生をなんとしても取り戻したいと彼女を駆り立てる何か、彼女自身でさえその正体がわからない何かに。

 “正体不明の自警主義者”が引き起こす事件が市民の関心を集めるなか、ニューヨーク市警の刑事ショーン・マーサー(テレンス・ハワード)は必ず犯人を突き止めると心に誓う。そして手がかりを一つひとつつなぎ合わせていくと、犯人は当初考えられたような武装した男ではなく、復讐心に燃えた女ではないかと思えてくる。

 マーサーの捜査の手が迫り、良心との葛藤にも苦しむエリカは自ら見極めなければならないときが来た。何らかの正義を求める自分の行為は、たとえ復讐であっても、ほんとうに正しい道なのか、それとも自分が追い詰めようとしているものに自分自身がなってしまったのか……。
(オフィシャルサイトはこちら

【監督】ニール・ジョーダン
【出演】ジョディ・フォスター テレンス・ハワード ナビーン・アンドリュース
    ニッキー・カット メアリー・スティーンバージェン

【評点】70点
posted by TARGET at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

『ヱヴァンゲリオン新劇場版:序』を観る(2007/11/9)

【あらすじ】
突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”。この影響で人類の半数近くは死にいたり、世界の各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた。やっと平穏な日々が戻ったと思われたとき――14 歳の少年・碇シンジは父親から第3新東京市へ呼び出されて、出迎えを待っていた。

その眼前の山あいから、巨大な生物が出現! それは「使徒」と呼ばれる正体不明の存在で、たちまち国連軍と激しい交戦を開始した。爆風に巻きこまれ、危機に陥るシンジ。その生命を救ったのは、葛城ミサトと名乗る女性だった。

ミサトの車で特務機関NERV(ネルフ)の本部へと連れていかれ、シンジは父と3年ぶりの再会をはたした。だが、シンジは父の碇ゲンドウから極秘裏に開発された巨大な人型兵器を見せられ、使徒との戦いを強要された。それがシンジと人造人間エヴァンゲリオン初号機との出逢いであった。

反発を覚えたシンジではあったが、女性パイロット綾波レイの重傷を目のあたりにして、逃げることを否定し、ついに自ら出撃を決意する。何の訓練も受けないままに、初めて使徒と対峙するEVA 初号機のシンジ。

世界の命運を託された14 歳の少年シンジは、はたしてどう戦うのか? そして、セカンド・インパクトに隠されたキーワード
「人類補完計画」の真実とは?

すべての謎の鍵を握る碇ゲンドウは、シンジの苦闘をじっと見つめている……。

オフィシャルサイト
bnr_eva_a03_01.jpg 

【原作・脚本・総監督】庵野秀明
【監督】摩砂雪 鶴巻和哉
【声の出演】緒方恵美 林原めぐみ 三石琴乃
      山口由里子 立木文彦

【前提となるおはなし】
 私はテレビ版をリアルタイムで観ていました。当時はシンクロ率がかなり高かった様に思います。
 で、あの最終回ですが、個人的には私は肯定論者です。というよりあれが正伝かと。
とはいえ、旧劇場版も否定はしないスタンス。
今は、そんなに熱くないけど、やっぱり気になる作品ではあります。

 それを踏まえて以下をご覧下さい。

【評点】55点
posted by TARGET at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

『クローバーフィールド HAKAISHA』を観る(5/1)

【あらすじ】
 これは、合衆国国防省デジタル記録#USGX-8810-B467、暗号名“クローバーフィールド事件”複数の目撃例の一つ。かつて“セントラルパーク,N.Y.”と呼ばれていた場所“U-447地区”で回収されたビデオに収録された映像である。
この85分間に及ぶ映像は、民間人ロブ・ホーキンスのビデオカメラに残されたものである。
事件当日の5月22日、6:43p.mから翌6:42a.mまでの12時間に起きた、常識の尺度では計れない現象が収められた、貴重な物的証拠となる映像の一部である。
そして、本ファイルはその映像の謎を解くための貴重な資料の一部である。
(オフィシャルサイトはこちら

【プロデューサー】J.J.エイブラムス
【監督】マット・リーブス
【出演】マイケル・スタール=デヴィッド マイク・ヴォーゲル
    オデット・ユーストマン リジー・キャプラン
    ジェシカ・ルーカス T.J.ミラー

【評点】15点
posted by TARGET at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

『EX MACHINA エクスマキナ』を観る(2007/11/7)

【あらすじ】
 2133年、のちに非核大戦と呼ばれる世界大戦の勃発で、人類はその半数を失い、負傷した人類の多くが、肉体の一部を機械化することでサイボーグとして生き残った。
2135年、戦争の収束と共に中立都市《オリュンポス》が誕生する。
 統合管理局と呼ばれる政府が統治するこの都市には、人間とサイボーグ、そして人間の遺伝子でつくられ、怒りや憎しみを抑制されたバイオロイドが共存していた。
やがて《オリュンポス》は、世界の紛争の調停にもあたるようになる。
 そして、2138年。
 デュナン・ナッツは、オリュンポスの特殊急襲部隊に所属する天才的な女性戦士である。彼女のパートナーは、ブリアレオス・ヘカトンケイレス。戦場での固い絆で結ばれた二人は私生活でも恋人同士であった。
 ある日、作戦行動中にデュナンをかばったブリアレオスが瀕死の重傷を負う。一命を取り留めたものの、昏睡状態に陥るブリアレオス。
彼の回復の兆しも見えないうちに、デュナンのもとに新たなパートナー、テレウスが配属されるのだが‥‥。
(オフィシャルサイトはこちら

【原作】士郎正宗
【プロデューサー】ジョン・ウー
【監督】荒牧伸志
【声の出演】小林愛 山寺宏一 岸祐二 沢城みゆき 土師孝也

【評点】70点
posted by TARGET at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

『インベージョン』を観る(2007/11/1)

【あらすじ】
 精神科医のキャロルは、別れた夫タッカーから、突然息子オリバーとの面会を要求され、戸惑っていた。
なぜならタッカーは、4年前に別れて以来、一度も息子に会おうとしなかったからだ。
 時を同じくして、夫が別人になってしまったと訴える患者がキャロルのもとを訪れる。
はじめは患者の妄想かと思っていたキャロルだが、やがて彼女の周りで不可解な事が起こりだす。

犬に襲われても平然としている息子の友達。
突然、車の前に飛び出してきた女が叫んだ「なりすましているのよ!」という言葉。
その女が別の車にはねられキャロルが目撃証言を申し出ても、いらないと言う警官。

キャロルの友人の医師ベンも違和感を覚え、同僚のガレアーノとともに調査を始める。
 オリバーをタッカーのもとへ送り届けたその夜、キャロルは国税調査官を名乗る男に、無理矢理自宅に押し入られそうになる。男は無表情のままだった。
何かがおかしいという疑念は恐怖へと変わる。街行く人々の顔から表情がすっかり消えているのだ。
 そして、ネット上には家族が別人になったという無数の書き込み。
その異変は睡眠によって引き起こされるとガレアーノは言う。
キャロルはオリバーの無事が心配になり、タッカーの家に駆け付けるのだが‥‥
(オフィシャルサイトはこちら


【監督】オリバー・ヒルシュピーゲル
【出演】ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ ジェレミー・ノーサム
    ジェフリー・ライト ジャクソン・ボンド

【評点】35点
posted by TARGET at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

『スゥイーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観る(2/6)

【あらすじ】
 『ロンドンのような街は世界のどこにもない‥‥』

 長く離れていたロンドンに戻って来たスゥイーニー・トッドは、助けてくれた若い船乗りアンソニーと共にそう歌う。
スゥイーニーはかつて、ベンジャミン・バーカーとしてこの街で理髪師をしていた。
だが、美しい妻ルーシーに目をつけたターピン判事の策略で無実の罪を着せられ、捕らえられていたのだ。

 15年の歳月が過ぎ、バーカーは名前をトッドと変えて昔の我が家へ戻る。閑古鳥が鳴くパイ屋を営む大家のミセス・ラベットは、バーカーがいなくなった後、妻子がどうなったかを話す。

 ターピンは言葉巧みにルーシーを仮面舞踏会に誘い出し、客達の目の前で彼女を辱めていた。
その後、ルーシーは毒をあおり、娘ジョアナはターピンが養女にして屋敷に閉じ込めているという。

 「ベンジャミン・バーカーという男は死んだ。今の俺はスゥイーニー・トッド。必ず復讐を遂げる。」

 そう語るトッドに、ミセス・ラベットは売らずに保管していた彼の理髪道具であるカミソリを渡し、以前と同じくパイ屋の2階で理髪店を始めるよう勧める。
 ミセス・ラベットの勧めを受け入れたトッドは、復讐相手のターピンが理髪店に来る算段を始めるのだが‥‥。
(オフィシャルサイトはこちら


【原作戯曲】クリストファー・ボンド
【監督】ティム・バートン
【作詞・作曲】スティーブン・ソンドハイム
【出演】ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター
    アラン・リックマン ティモシー・スポール
    ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイン・ワイズナー エド・サンダース

【評点】80点
posted by TARGET at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

『壁男』を観る(2007/10/30)

【あらすじ】
 TV局の情報バラエティ番組でレポーターを務める響子のもとに、“壁男”に関する匿名の投書が届く。壁の中には“壁男”なる存在がおり、いつもこちらを眺めているという。
興味を抱いた響子は“壁男”に関する取材を続け、TVの放送をきっかけとして“壁男”の噂は瞬く間に全国に広がっていく。

 「“壁男”はTVが好きらしい」
 「“壁男”は人間と交渉を持たない」
 「“壁男”は壁から壁へと移動することができる」

 そんな中、響子の恋人でカメラマンの仁科は“壁壁”に異常な興味を示し、何かに取り憑かれたかのように壁の写真ばかり撮り続けるようになる。彼の突然の豹変を心配する響子。
そんな彼女の不安をよそに、仁科は次第に“壁男”と人間世界の関係に思いを巡らせ、“壁男”と交信することを考え始める。
一方、“壁男”の噂は予想以上の反響を呼び、一人歩きを始める。
そして仁科の行動と“壁男”の噂がエスカレートしていくにつれ、響子の周辺の人々をも巻き込んだ怪現象が次々と起こり始める。しかしそれは、決定的なある事件の発端にすぎなかった‥‥

 ――“壁男”とは、いったい、何者なのか?

(オフィシャルサイトはこちら


【原作】諸星大二郎
【監督・脚本】早川渉
【出演】堺雅人 小野真弓

【評点】40点
posted by TARGET at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

『ストレンヂア 無皇刃譚』を観る(2007/10/5)

【あらすじ】
 時は戦国−。
 夜の山道を逃げる足音。犬、少年、そして僧侶。
「祥庵さん!」
「赤池の国、白土の万覚寺を目指せ」
暗闇に浮かび上がる、炎に包まれた寺。

 雨の降る渓谷。細道を異様な集団が進む。先頭の武士が唐言葉で話しかける。
「あの尾根を越えればわが国です」
突然、野伏りの襲撃を受ける一行。一行の中から飛び出す大柄の男。
「あの程度の人数、羅狼様一人で十分だ」
一瞬にして野伏りを殲滅した羅狼は呟く。
「この国には、この程度の奴しかおらんのか」

 海辺の寒村。漁民の家の食べ物を盗み出す少年。
「飛丸、今日はごちそうだぞ」
山腹にある荒れ寺に向かって走る少年と犬、飛丸。

 荒れ寺に入ると浪人風の男が寝ていた。動じない浪人にいらつく少年。そこに現れる武士たち。
「われは御領主様配下の者である」
飛丸が武士を撃退するが、異装の男が匕首(ひしゅ)を投げてくる。異装の男・金亥は分銅の付いた鉄鞭を自在に操り、浪人と対峙。劣勢の浪人をかばった飛丸の背を匕首がかすめる。浪人がようやく金亥を倒すが、飛丸も倒れる。匕首には毒が塗られていた。苦しむ飛丸を見て少年は叫ぶ。
「飛丸の命を助けてオイラたちを白土の万覚寺に連れて行けばこいつをくれてやる!」
少年の手には緑の宝玉があった。

 赤池城。家臣の虎杖将監が異装の集団との交渉を領主に報告する。
「急ぐ訳があるのでしょうが、尋ねても教えてくれませぬ」
異装の集団は明国の家臣だった。
(オフィシャルサイトはこちら


【監督】安藤真裕
【声の出演】長瀬智也 知念侑李 竹中直人 山寺宏一


【評点】60点
posted by TARGET at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を観る(2007/9/23)

【あらすじ】
 夕陽の荒野に、どこかの寺の鐘が鳴り響く。ポンチョ姿の男ピリンゴの額に突き付けられる夜盗の銃口。ピリンゴの銃が目にも留まらぬ早撃ちで夜盗の頭は撃ち抜かれる。傍らにはスキヤキの鍋がグツグツと煮立っていた。

 壇ノ浦の戦いより数百年後、砂塵舞う荒涼の大地“根畑(ネバダ)”。村を逃げ出す初老の男トシオは、黒馬に乗ったガンマン(註:役名)とすれ違う。その先には、荒れた寒村“湯田(ユタ)”が。そこは合戦に敗れた平家の落人が拓いた村だった。

 村は平家再興の埋蔵金があるとの噂から、埋蔵金目当ての無法者が村を荒らし回した。そこへ赤い旗印の集団、平家ギャングがやってくる。
 村人は同じ血の末裔である彼らを、天の助けと期待したが、平家ギャングの頭目、平清盛は無法者を追い出した後、村人から家や家財を強奪し、埋蔵金探しのために先祖の墓まで暴いてしまう。保安官を抱き込まれ、抵抗する村長は馬に引き回され、鳥居に吊るし上げられてしまう。

 だが、平家ギャングの天下も長くは続かなかった。今度は白い旗印の集団、源氏ギャングがやってくる。
 平家と源氏の仁義なき抗争が激化するにつれ、夜逃げする村人が続出する。ガンマンが流れ着いたのは、血で血を洗う、そんな争いの真っ只中であった。
(オフィシャルサイトはこちら


【監督】三池崇史
【出演】伊藤英明 佐藤浩市 伊勢谷友介 木村佳乃 桃井かおり
    香川照之 クエンティン・タランティーノ


【評点】40点
posted by TARGET at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

『ベオウルフ』を観る(12/23)

【あらすじ】
 6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。
(goo映画より引用。オフィシャルサイトはこちら

【監督】ロバート・ゼメキス
【脚本】ニール・ゲイマン ロジャー・エイヴァリー
【出演】レイ・ウィンストン アンジェリーナ・ジョリー
    アンソニー・ホプキンス ジョン・マルコビッチ


【評点】35点
posted by TARGET at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。