2011年01月19日

ルー=ガルー (2010/9/1)

公式HPはこちら

 原作からかなりの内容を削ぎ落とした結果、物語のテンポはいいものの、心に引っ掛かる場面が少なく、感情移入が難しい作品になっています。言うなれば、

 傍観者モード。

 このモードに入ると作品のテーマを推し量るのは辛いものがあります。

【評点】40点
posted by TARGET at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010/8/31)

公式HPはこちら

 監督のジョー・カーナハンは『スモーキンエース 暗殺者がいっぱい』で容赦のない、荒唐無稽なアクションシーンを演出しましたが、

今回も容赦ないです(笑)。

 ただ、とにかく派手なアクションを追求する事を最優先した為、ストーリーが、かなり強引。この思い切りの良さが、この監督の魅力なのですが、このへんは好き嫌いの分かれる所です。
私は好きだけど。
 ツッコミ所満載の奇想天外アクションを楽しみましょう。

【評点】65点
posted by TARGET at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

インセプション(2010/8/27)

公式HPはこちら

 『夢の中の夢』という複雑な設定を丁寧に解りやすく描いていると思います。正直、ここまでやって「解らない」という感想を抱く人が解らない。
かと言って、説明に窮している感じは全くなく、非常に面白い。観る前に危惧していた上映時間の長さが気になりません。
 ただ、ひとつのミッションの話に終始しているので、物語のスケール感には欠ける気もしますが、圧倒的な映像でそれをカバーしていて、観ている間は気になりませんね。欲を言えば、ストーリーにもう少し捻りが欲しかったかな。
 あと、この作品を「ネトゲ映画」と評した本田透

 アンタ、映画のコラムやる資格ないよ。

【評点】80点
posted by TARGET at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

瞳の奥の秘密(2010/8/25)

公式HPはこちら

 アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。
 自らが担当した殺人事件についての回想を柱にしたミステリーですが、ミステリーの部分より、登場人物が醸し出す情念の世界に当てられっぱなしでした。

 その情念もパッと弾ける訳ではなく、静かにグツグツと煮えたぎる感じ。演出も、それを支える俳優達の演技も素晴らしいです。
 ただ、今の日本のそれとはかなり違うので、当時のアルゼンチンの社会情勢を知って置いた方が入りやすいですね。
 あと、この作品で提示される死刑についての考え方というか感情が日本のそれと違って興味深かったです。
(個人的には日本の死刑についての感情って作られた感があるんですよね)

【評点】80点
posted by TARGET at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

2011年新年のご挨拶

2011年あけましておめでとうございます。
今年もよろしく御願い致します。

昨年はブログの更新もままならず、1年が過ぎてしまいました。
今年も同じ体たらくを演じてしまうかもしれませんが、肩に力をいれず、ぼちぼちとやりますので許してね。

今年1本目の作品は『モンガに散る』。
明日観に行くつもりです。

ラベル:モンガに散る
posted by TARGET at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。